WOMEN SUPPORT

女性支援について

PROFILE

プロフィール

女性社員による、ざっくばらんで気軽な対談 将来の主役は、「女性」。

■入社したきっかけは?

中西

私は千葉県出身なんですが、とりあえず家を出たいと思っていたんです。
違う世界を見てみたかったというか・・・。

藤原

私は岩手県だから、実家が近い人はうらやましい。

田村

私も宮城県だから近いのはうらやましいな~。

中西

でも、てんてんさん結構実家に帰ってるじゃないですか(笑)

藤原

たしかに最近は毎月帰ってるね(笑)
そういえばみぽりん、カラオケも受けてたよね。

中西

はい。あとは美容系や飲食など、とにかくサービス業を中心に受けていました。そんな中、1人1人と真剣に向き合ってくれて成長できるイメージが最も描けたので東栄商事に決断しました。

田村

みぽりんは説明会で初めて会った時に、笑顔と明るさがすごく印象に残ったんだよね。
「あ、この子接客に絶対向いてるな」って!
てんてんは最初会ったときに似顔絵書いてくれたよね。「うわ!センスある子だな」って思った。
周りの人を楽しませようとしてて、気づかいもできるなって。

藤原

慶さん、そのとおりです!

田村

自分で言うなよ(笑)
てんてんはなんで、うちに決めたんだっけ?

藤原

私の場合、就活当初は何となくホテル業界ばかり見ていたんです。でも視野を広げてみようと思い参加した都内の合説で、たまたま声をかけられたことがきっかけでした。
パチンコには正直ネガティブなイメージが強かったのですが、地域密着とか人を楽しませるってところに興味が湧きました。そして選考を進めていく中で、ホテルのかしこまった接客よりもお客様と距離の近いフランクな接客の方が私には合っていると思い、入社をきめました。その頃にはパチンコに対する偏見もすっかり減っていましたね(笑)

田村

お客様1人1人に合わせた距離の近い接客っていいよね! 私はもともと、人の成長に携わる仕事がしたくて教師を目指していたんです。でも周りの人が就活をしていく中で、民間企業でも人の成長に関われるんじゃないかって思うようになりました。
いざ就活をやってみたら世界が広がりましたね。そこで東栄商事と出会い会社の人と話す中で、「人の成長に深く携われる仕事だ」と思えたので入社を決めました。

東栄商事 女性支援について

■実際に働いてみてどうですか?

中西

私はもともとおっちょこちょいで、ミスも多いんですけど、社会人になってからは周囲の人に迷惑をかけないようになりました。社会人としての自覚ってすごく大切ですよね!後びっくりしたのは、私が知らないお客様が私の事を知っている、という現象が起こるんですよ。

田村

新入社員が入社する時期になったら、お客様が「もうすぐ新しい子入ってくるね」って楽しみにしてくれるからね。みんなみぽりんが来るのを心待ちにしてたよ(笑)

中西

そうなんですね!店舗勤務の初日にたくさんのお客様が話しかけてくださったので、すごく安心したのを覚えています。

田村

お客様の中にはパチンコをやりにきてるという感覚じゃない方もいらっしゃるんですよ。スタッフとの会話を楽しみに来て下さるというか。

中西

お客様と社員、すごく仲良しですよね。社員がお客様のことを名前で呼ぶので、入社したばかりで名前が把握できていなかった頃は大変でした(笑)「〇〇さんが来てくれたよ~!」とか。

田村

でも少し働くと、お客様1人1人の好きな飲み物を覚えるくらいにはなるよね(笑)

藤原

お客様とここまで親しくなれる環境って中々ないですよね。
あとは、社員同士の距離も近いですね。女性社員面談とかでも雑談が多いです(笑)会社のこともそれ以外のことも、慶さんにはめっちゃ話しますね。夜遅くに電話をかけて話を聞いてもらうことも多いです。

田村

めっちゃかけてくるよね(笑)
ゆくゆくは女性社員に特化した何かを提供できる環境づくりをしたいんですけど、今それに向けて、「何かこじれてないかなぁ」とか気にしながら会話していますね。この子達、もはや私の子供なんですよ(笑)どれだけ仕事ができる男性でも、「女性のここには勝てない」、ということもよくあるので女性社員の存在は本当に大きいです。

藤原

もっと女性に入社してもらって、ワイワイ働きたいですね!(笑)

東栄商事 女性支援について

■今後の目標について聞かせてください

中西

私はあんまりしゃべるのが得意でないんですが、お仕事を通してお話し上手になりたいです。お客様にもっともっと自分を知ってもらって、たくさん話をしたいです。接客をしているときは幸せに感じますし、その道のプロになっていきたいです。

藤原

お客様ともっと深い話ができるようになりたい、と思うよね!それは私も感じる。お客様の中には年配の方が多いので、たまに話題についていけないことがあるんです。そんな時、今までは「え、それ教えてください!」って形で盛り上がることが多かったんですが、今後はもっと知識をつけて「あ、それ知ってます!というふうに会話を盛り上げていきたいです。
さっき言った通り、就活を始めたころはアミューズメント業界は全く見てなかったんですよ。でも知ってみたら「これいいじゃん!」て思えましたし、「かじってみる」ことは大事だと思います。 お客様に喜んでもらうためにも、いろんなことを知っていきたいです。

田村

私は女性社員のキャリアアップをもっと図っていきたいです。人事という仕事柄、どうやったらみんながモチベーションを高めて働けるか、について考えることが多いんですよね。なので私自身がみんなを引っ張っていくことで、「女性でもここまでいけるんだ」って思ってもらえるようにしたいです。

東栄商事 女性支援について

■最後に、就活生へのメッセージをお願いします!

  • 私自身もそうだったのでわかるんですけど、アミューズメント業界は少なからず敬遠されるところがあると思うんですよ。
    でも、まず知ってから判断するようにして欲しいです。そうすれば、最初は嫌だと思っていたことでも、そこから見えるものがあるかもしれませんし!

     

  • とにかく就活で行動を起こし続けてほしいです。就活は成長のチャンスだと思うので。 でも、やりたいことを見つけることは意外に難しいですし、社会人になってからそれが見つかることもあるかと思います。私もここに入社してからやりたいことは増えましたし、東栄商事はそれが実現しやすい環境だと思います。少しでも気になったらぜひ説明会に参加して欲しいです。

  • みぽりんの言ってること、すごくわかる!最近の就活生の中には、先を見すぎている人が多いと感じます。私なんか、1年目の時と9年目の今では、やりたいことがだいぶ変わってきましたし(笑) 働いていく中で、シフトチェンジすることは可能です。
    働きがいを見つけるお手伝いはいくらでもしますので、ぜひ東栄商事を選択肢に入れてもらえたらと思います!

一緒に東栄商事の未来を作りましょう!